貯留材「アクアパレス」 | 雨水利用・貯留の総合メーカー

貯留材「アクアパレス」

株式会社トーテツ製品案内雨水製品 > 貯留材「アクアパレス」

従来の貯留材が籠状等の単一の部材を組み立てて立体を築くのに対し、アクアパレスは水平方向に延伸して平面を築く仕切板と、鉛直方向に延伸して荷重を受けるスペーサーパイプを主要部材として構成されます。

構造

構造

仕切板間隔やパイプの強度(肉厚、直径)を変えることによって、
耐圧性、耐震性などの性能を変え、選択することができます。

・仕切板は相互に嵌合し、強固な平面を形成します。

・パイプの中にも雨水は流入し、空隙率(外形体積に対する実際に水が貯留される空間の体積)は90%以上と高率です。

構造
構造
構造

特長

アクアパレスと他の貯留材の性能比較

  構造的多様性 耐圧性能 耐震性 空隙率 高さ方向への積上げ 内部の点検・清掃
従来の貯留材 ない 一定 一定 高い 制限あり 不可能に近い
単一性能であるため、柔軟な現場対応がとれない 通常、自動車荷重T-25対応を目標に製作されている 通常、レベル2の地震に耐えるものになっている 一般に90%以上で、単一の空隙率 通常、4mを超えると不安定化するものが多く、制限があると判断される いずれも不可能か不可能に近い
アクアパレス あり 増減可能 増減可能 高い 制限なし 可能
使用目的や現場条件に応じ構造を変え、選択できる T-25をクリアすることはもちろん、T-6、T-14など必要に応じて構造を選択できる レベル2の地震に耐えることはもちろん、さらに性能を高めることもできる 90%以上だが、貯水槽が大きくなるほど空隙率が拡大する 特に制限がなく、10mを超える超大型の貯留槽にも対応できる 内部を点検し、必要に応じ清掃や補修が可能

クレーンによる吊上と移動

50㎥程度までのものは、クレーンによって吊上げて移動し、設置場所に吊降することが可能です。

このことは、アクアパレス槽が構造的に強靱なことを証明しています。

クレーンによる吊上と移動
クレーンによる吊上と移動

地下貯留の例(ここではイラストで分かりやすく例示します)