水路用機材・擁壁用水抜きフィルター材等Q&A | 雨水利用・貯留の総合メーカー

水路用機材・擁壁用水抜きフィルター材等Q&A

株式会社トーテツよくあるご質問 > 水路用機材・擁壁用水抜きフィルター材等Q&A

水路用機材・擁壁用水抜きフィルター材等Q&A

1.TMシリーズのウィープホール後付け用コアー抜き穴の口径はいくつですか?

1.穴の径は特に決まっていません。各ウィープ本体の外径に対して最低でも指1本が(外周)入るぐらいのスペースが理想と思われます。

2.TMシリーズのウィープホールの施工方法ですが、傾斜可能角度はどのくらいまで大丈夫ですか?

2.傾斜可能角度は+-10°以内です。

3.TMシリーズのウィープホールの耐用年数はどのくらいですか?

3.作動部分は弁筐内に内蔵されており、紫外線の影響から守られています。金属は一切使用していないので腐食の恐れがなく目詰などしない限りは半永久的と言えます。

4.メンテナンスが可能とかいてありますがどのようにメンテナンスするのですか?

4.TMシリーズの側壁用は本体が脱着式で、内部の清掃や本体の交換が可能です。   底盤用に関してもキャップの交換やそれに伴う内部の清掃が可能です。

5.パットフィルターの中に砂利を入れて使うと書いてありますが、どの様な砂利を入れますか?

5.砂利は10〜25㎜φ位の玉砂利または砕石が理想的です。

6.TMフィルターはどのように使いますか?

6.施工は水抜き穴に差し込むだけなのできわめて簡単です。使用目的はパットフィルターとほぼ同様で、擁壁裏面を石、礫で全面裏ごめする場合のほか、ウィープホールと接続されている塩ビ管に差し込み組合わせてお使い下さい。VPもしくはVUのどちらかの塩ビ管で差し込み可能です。

7.水抜き用逆流防止弁DV-50、DV-75のメンテナンスはどのようにすればいいですか?

7.メンテナンスに関して、上部キャップを回転させ、切掛け部に凸部が出来たら上部に持ち上げてください。キャップの中央部にフィルターが入っていますので目詰まり等の場合は、洗浄して元に戻して下さい。ゴムパッキンに亀裂・変形等がある場合はパッキンを交換して下さい。できる限りフロートとゴムパッキンの止水性を高める為、ゴミ等を除去して下さい。

雨水貯留と利用に関するQ&Aについては、次の雨水関係のホームページもごらん下さい。

雨水市民の会 http://www.skywater.jp
雨水利用事業者の会 http://amamizu-pro.net/
(社)雨水貯留浸透技術協会 http://www.ARSIT.or.jp