雨水利用Q&A | 雨水利用・貯留の総合メーカー

雨水利用Q&A

雨水利用Q&A

1.『雨水をもっと本格的に利用しよう』という声が多く聞かれるようになっていますが、これまでなぜ、雨水は水資源として十分に利用されてこなかったのでしょう・・・?

1.一つの原因は、降雨量が年によって異なるなど不確定要素が大きいことで、その結果、水利用計画に乗せ難いという問題があります。そしてもう一つの問題は、この面で実効性の有る有望な技術が存在しなかったことがあると言えるでしょう。そうした中で、これらの問題解決につながるものとしてトーテツは、雨水を容易かつ大規模に貯水可能な『セル型構造地下貯水槽』を完成しました。また、同時にこうした貯水槽の中に汚染物質を極力入れない『初期浄化』の技術も完成しました。少ない建設コストで大規模な貯水槽を構築し、一年間に降る雨の大部分を収納し、しかも、きれいな雨水が得られるわけで、トーテツが完成した一連の技術は、雨水を資源として本格的に利用し、水問題の緩和・解決に役立つ道を開いたと自負しています。

2.セル型構造地下貯水槽について、トーテツは『完全防水型』と称していますが、本当にこの工法でそんなことが可能になるのですか・・・?

2.プラスチック製の貯留材を遮水シートで包んで築く、この種の貯水槽の場合、遮水シートは人手による折り曲げ作業を伴うので、通常、厚さ1.5mm程度のものが使われます。こうした薄いシートの中に水を貯めるのですから、当然のこととして、水漏れを発生させないためには、それなりの工夫が必要になります。当社が十年以上の経験を積み上げてはっきりしてきたことは、この種の地下貯水槽の水漏れは、大部分が次に述べる二つの原因に起因するということです。一つは地中に設置されるこの貯水槽は完成前に土中に埋設されることになりますが、この埋戻しの際にガラスや釘、先のとがった石等々によってピンホールが発生することです。この埋め戻し作業は、通常は重機を使って行われますから、貯水槽の規模が大きくなればなるほど、ピンホール発生の可能性は高まることになります。そしてもう一つは、この地下貯水槽に雨水を導入するには、シートに孔を開けて、シートとパイプを接合する必要がありますが、この接合部が破損されやすいということです。塩ビパイプのような硬いものとシートのような柔らかく薄いものを接合するのですから、パイプ側に土圧等の大きな力が働いたら、接合部が簡単に破損してしまうことは容易に想像できることと思います。トーテツのセル型構造地下貯水槽は、これらの二つの問題を解決しており、構造的には『完全防水型』といっても差し支えないと考えています。もちろん、どんな工法もそうですが、施工が不備、不完全では満足な結果は得られませんが・・・・。

3.雨水は腐りませんか・・・?

3.雨水自体が腐るということはありませんが、有機物が混入すると、雑菌が繁殖して濁りや臭いが発生し、いわゆる『腐る』という現象が発生します。しかし、初期浄化装置で、落ち葉、虫の死がい、塵埃等を除き、日光を遮断して貯水した雨水は、長期間そのままにしてもまず腐ることはありません。

4.雨水利用の際に酸性雨の混入は問題になりませんか・・・?

4.酸性雨については降り始めの1〜1.5mm程度を除いてやれば、問題の無いレベルに低減することが分かっています。トーテツの貯水・初期浄化装置は初期雨水カット機能を備えており、これによって酸性雨のみならず、ゴミ塵埃等の異物を除去することができます。

5.雨水は飲めますか?雨水を飲み水として利用するにはどうすればいいですか・・・?

5.地表面に存在する河川や湖沼の水も、その源は雨であって、地球上にはこうした『自然の水』をそのまま飲み水として利用している多くの人たちがいます。このことは基本的には雨水は飲めることを意味しています。しかし、この『自然の水も』自然の営みや人間活動に伴って汚染されることがあって、そうした場合は汚染状態が解消するまで待つか、人為的に浄化する必要があります。また、初期浄化が不十分なまま雨水を長期間貯留すると、雑菌が繁殖して、いわゆる『雨水が腐る』状態になります。こうした水は当然『飲用不適』です。問題は、この雑菌の繁殖の程度は千差万別であって『外観や臭い、味だけでは判断できないこともある』ということです。こうしたことを総合的に考慮して判断するならば、初期浄化が適切に行われて貯水された雨水は、比較的簡単な処理で飲料化できるということです。『非常時にはそのままでも沸かせば飲める』といのは、雨水利用の多くの専門家の一致した意見です。また、近年得られた知見からするならば、活性炭や中空糸膜を用いて浄化し、さらに塩素等で殺菌すれば間違いなく飲料化できることです。しかしそこまでやらなくても、地域や場所によっては、ごく簡単な殺菌だけでも飲用化可能な場合も多いといえましょう。

雨水貯留と利用に関するQ&Aについては、次の雨水関係のホームページもごらん下さい。

雨水市民の会 http://www.skywater.jp
雨水利用事業者の会 http://amamizu-pro.net/
(社)雨水貯留浸透技術協会 http://www.ARSIT.or.jp